変木施工例04

垂れ壁のアールに杉の変木・杉の拳板の施工例 04

Nakatsujimeiboku 中辻銘木施工例04

アールの効いた垂れ壁に「杉のシャレ」の変木です。白と少し濃いめの茶色のコントラストがいいですね。どこにその色もってくるかでイメージも変わってくるのだと思います。これをここに使うと決めて施工いただき最高の表情になっています。このコントラストに負けない壁の色。大胆で優雅な唯一無二の床の間です。
一期一会という言葉がありますが、お客様をもてなす亭主の心意気を感じます。ここでおもてなしされるなんて素敵ですね。
床板は、杉の拳板です重厚感のある和の雰囲気もただよわせながらも新しくモダンな感じもします変木を大胆に利用していただいた施工例です。

こちらで使っていただいた変木
杉のの変木と杉の拳板
長さと幅はひとつひとつ違いがあります。いろいろなサイズやタイプをご用意しております。
お気に入りの逸品をご用命くださいませお待ちしております。